Raspberry Pi + モバイルルータでサーバーを

実は先月末にすでにRaspberry Pi2 ModelBを入手したので持っていたRaspberry Pi TypeB+はVPNサーバーとして稼動させました。
これで出張先からでも家のネットワークに繋がります。
あぁ便利

家では元々バッファローのルーターを使っているのでPPTPによるVPNでも良いんですが、RasPiに繋いで家の家電を操作したいということもあったんです。

しかし問題
一番はエアコンの制御をしたかったんですが、LIRCでエアコンの赤外線を学習させようとしてもダメだったんです。
他の家電はリモコンのボタンを押している間、連続で信号が出ているんですが、エアコンはボタンを押し続けても一回だけしか信号は出ない。
LIRCのボタンを1秒以上押し続ける所でタイムオーバーになります。
連打しても無理でした。

同じ波形を作り出せば学習させなくても良いでしょと思いましたが、解析する気力も時間もないので暫く放置です。
テレビは制御できますが、外出先から家のテレビを点けるのは電気代の無駄でしかありませんので。。。

さて、掲題のRaspberry Pi + モバイルルータでサーバーをです。
これを実現しようとする場合確認すべきなのが2点
・ポート転送できるルータなのか
・グローバルIPアドレスが割り当てられる回線なのか
この2点に注意して必要なものを探します。

まずルータ
入手しやすくて安くて評価の良さそうなルータとしてドコモのL-09C新品をヤフオクで落札(約7k円)
ポート転送はuPNPで対応します。

次にSIMです。
OCNモバイルONEの1GBプリペイド標準SIMをチョイスです。(amazonで3.1k円)

このSIMはグローバルIPは固定ではなく動的ですが、常時稼動させるつもりはなかったのでこちらを選択。
動的でもDDNSで対応すれば良いと思いますけど、グローバル固定IPアドレスが必要な人は他のSIMを探して下さい。

Raspberry Piに無線LANアダプタを装着してL-09CとWifi接続
apache2入れて
MiniUPnPでポートを開けて
このSIMではなく他の回線からブラウザにグローバルIPを入力して、It’s Works!のページが表示されたら成功。

後はWebIOPiなりで距離など関係なく、どれだけ離れててもネットワークさえ繋がればAndroidでもiPhoneでもPCでもRasPiに繋いで、そこからいろんなものを制御出来ます。

SIM契約しないといけないので、月額数千円かかることもあり、何かしら商品化は現実的ではありません。
アイデア次第ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA